顎関節症@情報館 症状・治療法・病院


親知らずと顎関節症の関係

親知らずが出てから、顎関節症になった。また、親知らずを抜いたら、顎関節症が治った、という話も聞きます。では、親知らずが、顎関節症の原因となる場合があるのでしょうか?親知らずは、10代後半から、20歳代に出始めますが、日本人の場合、上の親知らずが頬側に転位して出ててくるケースが多く、これが、咀嚼、咬合に伴う炎症や咬傷をきたし、これに伴って顎の運動にも異常が生じ、顎関節痛を引き起こすケースが結構あるようです。

こうした顎関節症場合、親知らずを抜くことで解消されることもあるようです。顎関節症は、いろいろな原因があり、特定しにくいのが現状ですが、逆に、親知らずを抜いてみるのも、顎関節症の症状を軽減出来る一つの方法、と言えるかもしれません。ただ、顎関節症の原因のごく一部に過ぎないことも多いので、歯科医とよく相談したほうが良いみたいです。親知らずの生え方は様々で、問題のない場合は、もちろん抜く必要はありません。ただ、本当に良い状態で生えるのは、少ないのが現状のようです。

食事の際、カクッと小さな音が鳴ったり、口を大きく開くことができなくなった。鈍痛を伴うようになった。という症状が現れ、歯科医に診てもらったところ、噛みあわせが悪いので、親知らずを抜くことになった、というケースもあります。ただ、こうした場合でも、抜歯のショックから、治療後もなかなか症状が治まらない、というケースも多いようです。

顎関節の状態を見ながら、治療は進めていく必要があります。なかなか改善されない場合、顎関節症に詳しい先生を紹介してもらうことでしょう。ごく稀に、親知らずを抜いた後、顎関節症になってしまった、というケースも見られるようですが、こうした場合、抜歯を行った歯科医に保障をしてもらう、というのは難しいみたいです。



>>>「I.E.S顎関節症改善法」の詳細を見る<<<

当サイト人気コンテンツ

顎関節症の症状とは?
口を開けたとき、カクンと音がしたり、食事で硬いものをかんだ時、顎がい、などの症状を訴える人が最近増えています。こうした症状が続くと、肩こりや頭痛等、深刻な・・・ 続きを読む

手術で顎関節症を治療
顎関節症の治療は、理学療法の他に、口腔外科では、外科手術が行われる場合もあります。顎関節頭洗浄手術や、顎関節を切り取る、いわゆる“骨きり”手術を行い・・・ 続きを読む

病院はどこへ?
顎関節症の疑いがある場合、いざ、病院へ行こうと思っても、病院の何科に行けばよいのか、迷うかもしれません。顎関節症は、多くは、歯並びや噛み合わせの問題が・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 歯列矯正との関係
★ どんな症状がある?
★ 様々は発症の原因がある
★ 現代人と顎関節症
★ 具体的な治療方法の紹介
★ スプリント療法と理学療法