顎関節症@情報館 症状・治療法・病院


マッサージによる顎関節症の改善

顎関節症の症状を改善するには、自身のセルフケアも大事です。セルフケアとしては、・顎を安静に保つ。・あくびや会話のとき、大きな開口をしないようにする。・よい姿勢を保つ。・寝るときは仰向けか横向きで寝るようにする。こうしたものがあります。慢性の筋症状には、温湿布も効果的です。痛みのある患部に1日数回、1回あたり20分間お湯で温めたタオルをあてがいます。痛みが増すようなら中止します。

筋肉のマッサージも効果的です。頬の筋肉をマッサージすることで、血行が良くなり、痛みが軽減します。温湿布の後や入浴後が効果的です。痛む側の顎関節を蒸しタオルで温めながらゆっくりマッサージしてみたり、お風呂に入ったときに浸かりながら、ゆっくりこめかみから顎関節までをゆっくりやさしい力でマッサージするのが良いでしょう。

顎関節の周りのマッサージとしては、耳のつけ根の周りや、顎関節の周りを指で押しながらマッサージします。親指を立て、耳たぶの後ろ側の顎の際に置きます。肘を太ももの上に置き、頭の重みを親指にかけてマッサージします。また、舌骨筋や胸鎖乳突筋の起点をもみほぐすことで、声帯の周りの筋肉をほぐすことができます。マッサージでなかなか症状が改善されない場合、悪化しないうちに病院で治療を受けた方が良いでしょう

病院での顎関節症の治療でも、スプリントの治療のほか、顎の関節のマッサージ、低周波マッサージなどの理学療法が行われます。最近は、顎関節症に効果的とされるリンパマッサージもあるようです。マッサージは整体でも行ってくれますが、顎関節症であることを伝え、顎関節症のためのマッサージを受けるようにしましょう。できれば、口コミなどで、信頼できる整体医を選んだほうが良いでしょう。



>>>「I.E.S顎関節症改善法」の詳細を見る<<<

当サイト人気コンテンツ

顎関節症の症状とは?
口を開けたとき、カクンと音がしたり、食事で硬いものをかんだ時、顎がい、などの症状を訴える人が最近増えています。こうした症状が続くと、肩こりや頭痛等、深刻な・・・ 続きを読む

手術で顎関節症を治療
顎関節症の治療は、理学療法の他に、口腔外科では、外科手術が行われる場合もあります。顎関節頭洗浄手術や、顎関節を切り取る、いわゆる“骨きり”手術を行い・・・ 続きを読む

病院はどこへ?
顎関節症の疑いがある場合、いざ、病院へ行こうと思っても、病院の何科に行けばよいのか、迷うかもしれません。顎関節症は、多くは、歯並びや噛み合わせの問題が・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 歯列矯正との関係
★ どんな症状がある?
★ 様々は発症の原因がある
★ 現代人と顎関節症
★ 具体的な治療方法の紹介
★ スプリント療法と理学療法