顎関節症@情報館 症状・治療法・病院


顎関節症の可能性がある症状とは?

口を開けたとき、カクンと音がしたり、食事で硬いものをかんだ時、顎がい、などの症状を訴える人が最近増えています。こうした症状が続くと、肩こりや頭痛もし始め、深刻な状態になってしまうこともあります。顎関節症は、症状として、一つだけではなく、複数の症状を同時に感じることもあります。さらに、顎の不調から、顎以外の部分へも悪影響を与えるケースがあります。

顎関節症になると、顔の左右にある頬の筋肉が、緊張の度合いに左右で差が生じると、頭、首、肩をつなぐ筋肉のバランスを悪くすることがあり、血行不良や筋肉の疲労を招きやすくなります。こうしたことから、顎関節症になると、肩こり、頭痛の症状をもたらすとされているのです。

通常、顎の運動はさほど顎関節に負担はかからず、多くは咬合筋(噛む筋肉)や側頭筋(こめかみあたりの筋肉)に伝わります。しかし、ストレスなどからくる歯ぎしりや食いしばりなどで、側頭筋に過度な負担がかかった場合、頭痛を引き起こすことになります。常に頭が締め付けられるような頭の痛みを感じたら、顎関節症の症状と見るべきかもしれません。

また、顎関節症による肩こりは、噛み合わせが悪いことから生じる頭部のバランスの崩れを支えるため、僧帽筋などの筋肉に負担がかかり、必要以上に緊張をもたらすことから起こります。頭痛、肩こり以外に、顎関節症がもたらす症状として、耳鳴りがありますが、耳鳴り以外、「顎関節雑音」と言う、口を開閉するときに「カクカク、ジャリジャリ」という音が聞こえる症状も起こります。耳鳴りだけでなく顎関節雑音が聞こえたら顎関節症を疑ってみるべきでしょう。また、口が開かないという症状は顎関節症の典型的な症状です。これらの症状が見られたら、顎関節症の可能性が高いので、医師に診てもらうことです。



>>>「I.E.S顎関節症改善法」の詳細を見る<<<

当サイト人気コンテンツ

顎関節症の症状とは?
口を開けたとき、カクンと音がしたり、食事で硬いものをかんだ時、顎がい、などの症状を訴える人が最近増えています。こうした症状が続くと、肩こりや頭痛等、深刻な・・・ 続きを読む

手術で顎関節症を治療
顎関節症の治療は、理学療法の他に、口腔外科では、外科手術が行われる場合もあります。顎関節頭洗浄手術や、顎関節を切り取る、いわゆる“骨きり”手術を行い・・・ 続きを読む

病院はどこへ?
顎関節症の疑いがある場合、いざ、病院へ行こうと思っても、病院の何科に行けばよいのか、迷うかもしれません。顎関節症は、多くは、歯並びや噛み合わせの問題が・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 歯列矯正との関係
★ どんな症状がある?
★ 様々は発症の原因がある
★ 現代人と顎関節症
★ 具体的な治療方法の紹介
★ スプリント療法と理学療法