顎関節症@情報館 症状・治療法・病院


顎関節症のスプリント療法と理学療法

顎関節症で器具を使って治療を行う場合、スプリントと呼ばれる 装置が用いられます。スプリントはいくつかの形や大きさのもの があり、症状によって使い分けられます。大きく分ければ、 取り外し型や口腔内装着型、金具を用いるタイプなどがあります。 また素材も、樹脂製、金属製、ミニスプリント、組み合わせ型 など、様々なものがあります。

スプリントは、筋の緊張を減らすことと、睡眠時の歯ぎしりや くいしばりによる顎の負担を軽減することが最大の目的です。 このため、装着は夜寝るときだけにします。スプリントを装着 したまま食事などは出来ません。また、いつでも清潔を保つ ようにしなければいけません。日中の使用や長時間の使用は、 歯科医師の指示に従うようにします。

顎関節症に対しては、マッサージなどの理学療法も行われます。 理学療法は、筋肉の伸展、血行促進が主な目的で顎にダメージ を受けていたり、周囲の組織の回復に効果的です。顎関節症は、 筋肉、靭帯、腱そして骨の構造をもっているため、理学療法も 有効となるわけです。自分で出来るものとしては、マッサージ、 ストレッチなどがありますが、これ以外

・温熱療法(ホットパック)
・超音波
・低周波マッサージ

などがあります。

冷湿布か温湿布が、自宅でできる有効な方法ですが、行うには 医師の指導を受けたほうが良いでしょう。氷のパックは通常、 ダメージを受けた部位に即座に使用します。これに対し、 温かく湿ったパックは、不快感などが長びくような時に使用 します。顎や顔、首筋の姿勢のトレーニング、伸張や運動も ありますが、これも、自分で行う場合、専門医の指示に 従って行うようにします。



>>>「I.E.S顎関節症改善法」の詳細を見る<<<

当サイト人気コンテンツ

顎関節症の症状とは?
口を開けたとき、カクンと音がしたり、食事で硬いものをかんだ時、顎がい、などの症状を訴える人が最近増えています。こうした症状が続くと、肩こりや頭痛等、深刻な・・・ 続きを読む

手術で顎関節症を治療
顎関節症の治療は、理学療法の他に、口腔外科では、外科手術が行われる場合もあります。顎関節頭洗浄手術や、顎関節を切り取る、いわゆる“骨きり”手術を行い・・・ 続きを読む

病院はどこへ?
顎関節症の疑いがある場合、いざ、病院へ行こうと思っても、病院の何科に行けばよいのか、迷うかもしれません。顎関節症は、多くは、歯並びや噛み合わせの問題が・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ 歯列矯正との関係
★ どんな症状がある?
★ 様々は発症の原因がある
★ 現代人と顎関節症
★ 具体的な治療方法の紹介
★ スプリント療法と理学療法